画面を自動でスリープさせない方法!

どうも!

武内蔵人です!

 

iPhoneでも、

他のスマホでも、

一定時間放置すると、

自動的に画面が暗くなり、

スリープ状態になります。

 

この自動スリープは、

時にはうざったくなる時もあります。

それが、アプリのアップデートです。

 

アップデート最中に、

スリープすると、

正常にアップデートされず、

アップデートを、

やり直さないといけなくなったりします。

 

でも、ほっといたら、

自動でスリープするので、

ずっと画面をみておかないと、

いけません。

そういう時には、

自動スリープを解除しちゃいましょう!

 

自動スリープ解除方法

「設定」→「一般」と、

タップしていき、

「自動ロック」を、

タップしましょう。

写真 2014-04-15 22 16 01

後は「しない」を選べば終了!

たったこれだけなんです!

写真 2014-04-15 22 16 18

アップデートに時間がかかる時は、

この方法で、

気分良くアップデートしましょう!

 

〜まとめ〜

この方法の注意点なんですが、

自動ロックをしないということは、

スリープしないので、

そのままにしておくと、

バッテリーをものすごく消耗します。

 

なので、やることが終わったら、

元に戻すのを忘れないでください!

基本的には5分がいいと思います。

 

1分だとすぐなので、

イライラしてしまいます!

まぁ、皆さん使わなくなったら、

スリープボタンを押して、

カバンに入れたり、

ポケットに入れるでしょうから、

押し忘れ様に対処しておく程度で、

十分だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です