iPhone6S、6Splusの不具合と対処法

iPhoneは次々新しい世代に変わってきました。

その度に新機能が増え、

使いやすくパワーアップしてきました。

 

しかし、出たばかりのiPhoneには、

不具合も多いんです。

 

今回のiPhone6S・6Splusも、

それは例外じゃありません。

 

本体が熱くなる

使っていたら本体が熱くなるそうです。

iPhone6Sは熱くなりやすいのか、

本体の画面にも警告が出るそうです。

iPhone6Sは強度が増しました。

その反面熱がこもりやすいのかもしれません。

解決法

とりあえず冷やしましょう。

それで落ち着きます。

あと、ケースは分厚いのを避けた方がいいと思います。

 

ホームボタンが熱くなる

触れないくらいホームボタンが熱くなるそうです。

おそらくtouch IDが原因だと思います。

6Sでこの機能が高性能になったので、

その分、過剰に使いすぎると、

熱くなるんだと思います。

解決法

ホームボタンを長押しか、

ホームボタン+電源ボタンで、

電源を一度落としましょう。

それで治るそうです。

 

通知音が大音量になる

これはビックリしますね(笑)

マナーモードの時にはならないので大丈夫です。

解決法

原因が不明で電源を落としてもなるそうです。

これが起こったらすぐにショップに持っていきましょう!

 

フリーズする

これはどのバージョンでもあります。

どうやら最初の機体にはよくあるそうです。

 

解決法

ホームボタンを長押しか、

ホームボタン+電源ボタンで、

電源を落とすといいそうです。

 

もし効かない場合は、

初期化するしかないそうです。

 

まとめ

不具合の対処は、

わかっていれば難なくクリアできるんですが、

わからないと、どうすればいいかわかりません。

 

いざという時のために覚えておくことをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です